Home不動産名義変更, 相続事例の紹介 > 【相続事例・不動産名義変更】相続人に未成年者がいて、親子で利益相反となるケース

【相続事例・不動産名義変更】相続人に未成年者がいて、親子で利益相反となるケース

「未成年者が、相続人の時ってどうすれば、いいんですか?ちょっと調べてみたんですが、なんだか面倒そうなので・・・」
Kさん、少し疲れ気味で来所されました。
Kさんには亡くなられた奥様との間に、中学生と小学生の娘さんがいらっしゃいます。当然、このお二人の娘さんは、亡くなられた奥様の法定相続人です。法定相続分で登記を行うには、Kさんが、お二人の娘さんの法定代理人ですので、簡単に登記できますが、お一人の名義にするとなると、ちょっと厄介です。つまり、遺産分割協議を行わなければならず、Kさんとお二人の娘さんとの間で、利益相反となるのです。この様な場合は、家庭裁判所に特別代理人選任の申立てをしなければなりません。
Kさんの場合は、娘さんお二人ですので、2人の娘さんの間でも利益相反の問題が出てくる為、それぞれに特別代理人が必要になります。

そこで、とりあえず特別代理人の候補者を考えました。奥様には、お姉様がいらっしゃる為、Kさんも特別代理人候補者はその方(娘さんからいえば、伯母様)がいいだろうという話になりました。しかし、あと一人の候補者が、どうしても思いつきません。結局、弊所司法書士が、特別代理人候補者を引き受けさせていただく事となりました。

特別代理人選任の申し立ては、親権者、利害関係人より子の住所地を管轄する家庭裁判所に行います。
添付書類は、子の戸籍謄本、親権者の戸籍謄本、特別代理人候補者の住民票または戸籍の附票、利益相反に関する資料(遺産分割協議書案等)です。

ほどなく、候補者が、特別代理人に選任され、無事、遺産分割協議が成立しました。
一般の相続登記と異なる点は、添付書類に「特別代理人選任審判書」が加わることと、遺産分割協議書の署名欄に特別代理人が、「相続人K娘特別代理人○○」と署名し、特別代理人の実印を押印し、特別代理人の印鑑証明書を添付することです。
こうして、無事、亡奥様の自宅マンションの持分は、Kさんに移転し、Kさん単独の名義とすることができました。