Home相続の基礎知識, 遺言相続 > 【相続の基礎知識・遺言相続】遺言の撤回

【相続の基礎知識・遺言相続】遺言の撤回

遺言はその遺言者が死亡した時から効力が発生します。遺言を書いた時からではありません。
つまり、生きている間は、いつでも自由に遺言内容を撤回したり、変更したりすることができます。
何度でも書き直して良いのです。しかし、その一方で、前の遺言を回収する義務はありません。
法律的には後から書かれた遺言(作成日が新しいもの)が有効となります。