Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】遺留分の侵害

【相続の基礎知識・その他】遺留分の侵害

 各相続人の遺留分額は、遺留分の基礎財産に個別的遺留分を乗じて算出されます。
 遺留分の基礎財産は、被相続人が相続開始時に有していた財産の価額にその贈与した財産の価額を加え、 その中から債務の全額を控除して算出します。 個別的遺留分は、総体的遺留分に法定相続分を乗じて算出します。

 こうして計算された各相続人の遺留分額と各相続人が実際に取得した財産の金額を比較し、後者が大きい場合には、その差額分だけ遺留分侵害が生じることとなります。つまり、【遺留分の割合は?】のページの個別遺留分の事例の各人の遺留分侵害額をそれぞれ求めるとBは5500万円の不動産を相続しており、遺留分の侵害はありません。
Cは相続時には500万円のみを相続しているものの、生前の特別受益を加算すると合計2500万円を取得しており、遺留分の侵害はありません。また、Dは全く財産を取得しておらず1000万円の遺留分を侵害されていることとなります。