Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】遺留減殺請求権とは?

【相続の基礎知識・その他】遺留減殺請求権とは?

遺留分権利者(=遺留分を有する相続人およびその継承人)は
 ①相続分の指定
 ②遺贈
 ③贈与
により自己の遺留分を侵害されたときには、これら相続分の指定・遺贈・贈与の減殺(法的効力を減らすこと)を請求することができます。これが遺留分減殺請求権という権利です。遺留分減殺請求権とは、意思表示のみによって法律効果が生ずる形成権という権利です。そのため、訴えの形式によることは必要ありません。
 また、遺留分減殺請求は、遺留分を害することによって利益を受けた相続人あるいは受遺者・受贈者に対して行います。受遺者・受贈者が亡くなっていれば、その相続人に対して遺留分減殺請求を行います。