Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】遺留分の割合は?

【相続の基礎知識・その他】遺留分の割合は?

遺留分率(遺留分の割合)には、総体的遺留分と個別的遺留分があります。

【総体的遺留分】
 総体的遺留分とは、どの程度の割合で遺留分が認められるのかが、民法で定められている遺留分のことをいいます。
相続人全体がもつ遺留分は、
→直系尊属のみが相続人である場合 相続財産の1/3
→その他の場合 相続財産の1/2
となります。
 その他の場合とは、
①子のみ
②配偶者のみ
③配偶者と子(または代襲相続人)
④配偶者と直系尊属
⑤配偶者と兄弟姉妹(または代襲相続人)
のときです。
※ただし、兄弟姉妹には遺留分はないので、配偶者だけに1/2の遺留分があることになります。

【個別的遺留分】
 個別的遺留分とは、総体的遺留分に法定相続分を乗じて算出したものをいいます。
各相続人の遺留分を求めるには
全体の遺留分×法定相続分=各相続人の遺留分
となります。
(例)
被相続人Aが妻Bと子C、Dを残して死亡し、相続財産は不動産(5000万円)と銀行預金(1000万円)で、「不動産をBに、銀行預金をCに相続させる」という内容の遺言書を作成している事例があったとします。
なお、C,DのうちCのみが大学に進学し、Aから学費、生活費2000万円の贈与(特別受益)を受けているとします。

①遺留分算定の基礎財産
相続開始時の6000万円+生前贈与(特別受益)2000万円より8000万円
②各人の遺留分額
B 8000万円×4分の1(個別的遺留分)より、2000万円
C,D 8000万円×8分の1(個別的遺留分)より、それぞれ1000万円
となります。