Home相続の基礎知識, 遺産分割 > 【相続の基礎知識・遺産分割】共有方式による分割とは?

【相続の基礎知識・遺産分割】共有方式による分割とは?

 遺産を形成する個々の財産を現物分割することなく、遺産の全部または一部を相続人の共有にする方法です。共有とする分割により遺産分割は完了し、以降は民法・物権の規定の適用を受けることとなります。
 共有による分割は遺産が大きくその構成も複雑であるなどの理由で、分割を段階的に行おうとする場合にとられる方法です。ただし、単に遺産分割をめぐる紛争の解決を次世代に委ねたにすぎないということにならないように十分に注意する必要があります。