Home相続の基礎知識, 遺産分割 > 【相続の基礎知識・遺産分割】遺産分割協議とは?

【相続の基礎知識・遺産分割】遺産分割協議とは?

 遺産は相続人が複数の場合、全員の共同相続財産となります。
その共同で相続した相続財産を具体的に誰にどの様に分けるのかを話合うことを遺産分割協議といいます。

 また、遺産分割協議には相続人全員が参加しなければなりません。
誰か参加していない人がいるとその遺産分割協議は無効になります。
遺産分割の当事者全員の合意があれば、指定相続分や法定相続分に合致しない分割も有効です。

 そして遺産分割協議が整ったら遺産分割協議書を作成する必要があります。
この遺産分割協議書は、不動産などの所有権の移転登記をする際や、金融機関での相続手続きに必要な書類となります。
 遺産分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮します。遺産分割は主に、現物分割・代償分割・共有による分割・用益権設定による分割・換価分割に分けることができます。