Home相続の基礎知識, 遺産分割 > 【相続の基礎知識・遺産分割】指定分割とは?

【相続の基礎知識・遺産分割】指定分割とは?

遺産分割は、被相続人が遺言によって分割方法を指定して、又は相続人以外の第三者に分割方法の指定を委託した場合には、それによってなされます。分割方法の指定とは、現物分割、代償分割、換価分割などの抽象的な指定は少なく、特定の個別財産を特定の相続人に帰属させようとするものが多いです。なお、特定の遺産を特定の相続人に単独で「相続させる」旨の遺言は、特段の事情がない限り、当該遺産を当該相続人に単独で相続させる遺産分割方法の指定と解します。