Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】保証債務と相続

【相続の基礎知識・その他】保証債務と相続

相続消極財産の中には保証債務・身元保証もあります。被相続人の有した債務は原則的

に相続人に継承されます。しかし、保証債務や身元保証については、当事者の信頼関係

を基礎とするものである為、その一身属性が問題となります。

金銭消費貸借や賃貸借にともなう保証債務のように、金額や弁済期など責任の範囲があ

る程度まで予測でき、相続人が不測の損害を受ける恐れの少ない通常の保証債務につい

ては、相続がなされます。

身元保証や包括的信用保証のように、特別の個人的信頼関係が強く、責任の継続性・広

汎性が顕著である場合には、相続がなされません。