Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】祭祀財産の継承とは?

【相続の基礎知識・その他】祭祀財産の継承とは?

祭祀とは神や祖先を祭ることであり、これに必要な用具などを祭祀財産と呼んでいます。

①系譜(先祖から代々の家系をかいたもの)

②祭具(位牌・仏壇など)

③墳墓(墓地や墓石など)

がそれにあたりますが、祭祀財産を一般の相続財産とは区別して、特別に継承のルールを定めています。

祭祀財産は相続財産ではないから、相続の放棄、承認、財産分離等と関係がありません。

その為、相続放棄をした者でもそれを継承できます。また、祭祀財産の承継者に該当した者は、それを辞退したり放棄することは許されません。しかし、必ずしも祭祀義務を負うわけではない為、承継後にこれを処分することについては何ら制限もありません。

 

<祭祀継承者>

第一次的に被相続人の指定により、この指定がない場合は第二次的に慣習によって指定されます。慣習が明らかではない場合には第三次的に家庭裁判所の審判によって指定されます。