Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】特別縁故者とは?

【相続の基礎知識・その他】特別縁故者とは?

被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の看護に努めていた者、その他被相続人と特別の縁故があった者を特別縁故者といいます。内縁の妻や事実上の養子がこれにあたります。

しかし特別縁故者は、相続人が一人でもいると遺産の恩恵にあずかることができません。相続人がいない時に初めて日の目をあびることになるのです。相続人がいない場合、相続財産は国庫に帰属してしまいますが、国庫に帰属させるよりは、特別の縁故があった者に遺産を与えた方がその被相続人の意思にかなうのは明らかである為です。