Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】表見相続人とは?

【相続の基礎知識・その他】表見相続人とは?

相続人になる資格がないのに事実上相続人として身分上・財産上の地位を保有している者を表見相続人といいます。実子ではないのに実子として戸籍に記載された者、無効な養子縁組の養子などがこれで僭称相続人ともいいます。表見相続人は、相続人ではないのに相続人になっている為、真の相続人の相続権を侵害していることになります。

このような場合、真の相続人は遺産の全てを表見相続人から取り戻さなければなりません。そのため、動産類は引き渡しをしてもらわなければならず、不動産ならば登記を抹消してもらうか移転してもらわなければならないのです。