Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】特別受益とは?

【相続の基礎知識・その他】特別受益とは?

生前贈与として、被相続人から
①遺贈(遺言による贈与)
②婚姻、養子縁組のための贈与
③生計の資本としての贈与
を受けた者を特別受益者といいます。特別受益者はいわば遺産を前渡しされている勘定ということになります。
◇特別受益の持ち戻し計算
特別受益を考慮しないで相続分の算定をすると、特別受益者は余計に利得することになるから、特別受益財産の持ち戻し計算をする必要があります。
被相続人が相続開始の時に有した財産の価額に、その贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、指定または法定相続分の中からその遺贈または贈与の価格を控除し、その残額をその者の相続分とします。
また、贈与分を使ってしまっても、相続開始時に現状のままあるものとして計算します。