Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】指定相続分とは?

【相続の基礎知識・その他】指定相続分とは?

被相続人自らが、共同相続人の全部または一部の相続分を、遺言によって直接定めるかまたは第三者に委託することによって定められる相続分を指定相続分といいます。指定相続分は法定相続分に優先します。

また、相続債務については、弁済能力のない相続人が指定された時に債権者を害することになるので、その負担割合を遺言などで指定することは許されていません。したがって、相続債務に関しては指定があっても、相続人は法定相続分に応じて責任を負います。