Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】相続欠格とは?

【相続の基礎知識・その他】相続欠格とは?

相続秩序を侵害する非行をした相続人の相続権(相続資格)を法律上当然に剥奪することです。以下のような人は相続人になれません。

①故意に先・同順位の相続人を殺害あるいは未遂に終わり、刑に処せられた者

②被相続人が殺害されたことを知っているのに告訴・告発しなかった者(但し、その者の是非の意識ができないとき、殺害者が自己の配偶者・直系血族であった時を除く)

③詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これを撤回し、取り消し、または変更することを妨げた者

④詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、または変更させた者

⑤相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者

相続欠格は、特定の相続人に対する関係においてのみ相続権が剥奪されます。つまり欠格事由によって相続資格を喪失するのは、非行した相続人だけで、それ以下の相続人に対しては欠格の効果は及びません。よって、欠格相続人の子は代襲相続することができます。