Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】寄与分がある場合の相続分は?

【相続の基礎知識・その他】寄与分がある場合の相続分は?

被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持や増加に特別の寄与(貢献)をした相続人を「寄与者」といいます。寄与分の制度は寄与者に対して、遺産分割の際に寄与に相当する額の財産を取得させ、共同相続人間の公平を図ろうとする制度です。寄与者がいる場合は、共同相続人間の協議で寄与分を決めます。協議が調わないときは、寄与者からの請求によって、家庭裁判所が寄与の時期、寄与の方法および程度、相続財産の額その他一切の事情を考慮して定めます。

寄与分を受けることができる者は、当該相続についての遺産分割に参加することのできる共同相続人に限られます。したがって、相続放棄者、廃除された者、相続欠格者は寄与分を主張することはできません。