Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】単純承認・限定承認・相続放棄について

【相続の基礎知識・その他】単純承認・限定承認・相続放棄について

相続の手続きには【単純承認】【限定承認】【相続放棄】という3つの方法があり、各ご家庭の状況によって、利用する手続きを選択する必要がございます。具体的には以下のような手続きとなっております。

【単純承認】
すべてのプラス財産とマイナス財産(借金などの債務)を引き継ぐという一般的な手続きです。

【限定承認】
相続財産のうち、プラス財産とマイナス財産(借金などの債務)のどちらが多いか分からない場合などにこの手続きを利用します。この手続きは、相続人全員で、相続開始があったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申し出ることによって行います。相続したプラス財産で、マイナス財産(借金などの債務)を清算し、プラス財産が残った場合には、それを相続することができ、マイナス財産が残った場合でも、それを相続人個人の財産から支払う必要がありません。

【相続放棄】
相続財産のうち、プラス財産よりもマイナス財産(借金などの債務)の方が明らかに多い場合、又は、そもそも財産を引き継ぐ意思が無い場合などにこの手続きを利用します。この手続きは、相続人1人でも行うことができ、相続開始があったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申し出ることによって行います。全財産を特定の相続人1人に相続させたい場合にも利用されます。
尚、相続放棄手続きを行わず、相続人間の遺産分割協議によって、プラス財産を取得しないという内容の決定をすることも可能ですが、この場合であってもマイナス財産(借金などの債務)については、原則として各相続人全員が法定相続割合に応じて引き継ぎます。相続人間の遺産分割協議によって、自分は相続とは関係ないと安心していると突然債権者から債務の支払いを求められ、戸惑ってしまうという事態が生じてしまうかもしれませんので、ご注意ください。