Home相続の基礎知識, 遺言相続 > 【相続の基礎知識・遺言相続】遺言書がある場合の相続登記

【相続の基礎知識・遺言相続】遺言書がある場合の相続登記

相続が開始した場合、まず遺言書があるかどうかを確認して下さい。遺言書がある場合には、遺言書に従った相続をするのが原則です。公正証書による遺言書があるかどうかは公証人役場に照会することができます(公正証書遺言等検索システム)。照会する公証人役場はどこでもかまいませんので最寄の公証人役場に問い合わせてください。

遺言書が自筆証書遺言および秘密証書遺言の場合は家庭裁判所の検認の手続きが必要となります。また、それらの遺言書が封印されている場合には、くれぐれも勝手に開封してはいけません。このような場合には家庭裁判所の開封の手続きが必要です。但し、公正証書遺言の場合には家庭裁判所における検認の手続きおよび開封の手続きは不要です。