Home法定相続, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・法定相続】法定相続持分の算出方法は?

【相続の基礎知識・法定相続】法定相続持分の算出方法は?

遺言書もなく、遺産分割協議もしていない場合には、法定相続分によって相続登記をすることができます。また、配偶者のみが相続人の場合は、配偶者が単独で相続します。
※配偶者は常に法定相続人になると定められていますが、配偶者が既にお亡くなりになっている場合には、第1順位→第2順位→第3順位とそれぞれの順位の法定相続人のみが相続人となります。

(1)配偶者と子(第1順位)が相続人の場合
配偶者の相続分が2分の1、子の相続分が全員で2分の1です。子が2名いる場合には、この2分の1を頭数で均等に分けた4分の1ずつが相続分となります。よって子が3名いる場合には、この相続分は6分の1ずつとなります。

(2)配偶者と直系尊属(第2順位→第1順位の相続人が不存在)が相続人の場合
配偶者の相続分が3分の2、直系尊属(父母)の相続分が全員で3分の1です。直系尊属(父母)が2名ともご健在の場合には、この3分の1を頭数で均等に分けた6分の1ずつが相続分となります。父または母のうち片方のみがご健在の場合は、その方の相続分が3分の1となります。

(3)配偶者と兄弟姉妹(第3順位→第1・2順位の相続人が不存在)が相続人の場合
配偶者の相続分が4分の3、兄弟姉妹の相続分が全員で4分の1です。兄弟姉妹が2名いる場合には、この4分の1を頭数で均等に分けた8分の1ずつが相続分となります。よって子が3名いる場合には、この相続分は12分の1ずつとなります。