Home法定相続, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・法定相続】相続人の順位とは?

【相続の基礎知識・法定相続】相続人の順位とは?

(1)配偶者(夫又は妻)
配偶者は、常に相続人となり、第1順位から第3順位の相続人がいる場合には、それらの者と同順位で相続人となる。配偶者とは、婚姻届を出している夫婦相互のことをいいます。したがって、内縁関係の者は配偶者とはいいません。
※もし、婚姻届を出していない夫又は妻(内縁の夫又は妻)へ財産を残したいとお考えの方は、遺言の作成をお勧めいたします。

(2)第1順位の相続人(子)
子は、第1順位で相続人となります。子が複数いる場合には、同一順位での相続人となり、均等の相続分を持ちます。実子であろうと、養子であろうと差異はありません。相続開始時点で、当該「子」が既に死亡している場合には、孫が子の相続分について相続することになります。これを「代襲相続」といいます。また、この時点で既に当該「孫」も死亡している場合には、その孫の子が相続人となります(再代襲相続)。

(3)第2順位の相続人(直系尊属)
第1順位の相続人がいない場合には、被相続人の父母が相続人となります。相続開始時点で、父母がいない場合は、祖父母が相続人となります。

(4)第3順位の相続人(兄弟姉妹)
第1順位と第2順位の相続人がいない場合には、兄弟姉妹が相続人となります。相続開始時点で、当該「兄弟姉妹」が既に死亡している場合には、この既に死亡している兄弟姉妹の子にも代襲相続が認められています。しかし、第1相続人の場合と異なり、再代襲相続は認められていません。