Home法定相続, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・法定相続】法定相続人とは?

【相続の基礎知識・法定相続】法定相続人とは?

民法では、相続人になれる人の範囲が定められています。これを「法定相続人」といいます。法定相続人は、被相続人の配偶者(夫又は妻)の他、一定の範囲内の血族(子、直系尊属、兄弟姉妹)に限られています。配偶者は常に相続人となりますが、その他の血族は、相続人となるための順位が法で定められています。

【胎児について】
相続人は、相続開始の時に存在していなければなりませんので、胎児は本来、相続能力がないことになります。しかし、出生が早いか遅いかで相続ができないというのでは公平に反するということで、胎児は相続については、既に生まれたものとみなされます。ただし、胎児が死体で生まれたときは、この規定は適用されません。