Homeその他, 相続の基礎知識 > 【相続の基礎知識・その他】遺言書もなく、法定相続人がいない場合の相続財産の帰属先は?

【相続の基礎知識・その他】遺言書もなく、法定相続人がいない場合の相続財産の帰属先は?

遺言書もなく、法定相続人がいない場合には、以下のような流れで財産の分与が行われます。

(1)相続財産は相続財産法人となり、利害関係人や検察官が家庭裁判所に相続財産管理人の選任を請求します。

                    ↓

(2)相続財産管理人は、被相続人の残した債務の弁済など、相続財産の清算手続きをします。

                    ↓

(3)残余財産がある場合は、その財産の全部または一部が「特別縁故者」に分与されます。この「特別縁故者」というのは、法律上相続人ではなくても、被相続人と生前深い関係のあった人(内縁関係にある配偶者、事実上の養子、献身的に病気の看病をした人など)で家庭裁判所に申し出て認めらてた人を指します。但し、家庭裁判所に申し出て必ず認められるとは限りません。

                    ↓

(4)特別縁故者がいない場合には、残余財産は国庫に帰属します。

※もし、法定相続人以外の方へ財産を残したいとお考えの方は、遺言の作成をお勧めいたします。