Home相続の基礎知識, 遺産分割 > 【相続の基礎知識・遺産分割】遺産分割の方法について

【相続の基礎知識・遺産分割】遺産分割の方法について

相続財産の分割方法には、大きく分けて(1)現物分割 (2)換価分割 (3)代償分割 (4)共有という4通りの方法が考えられます。

(1)現物分割
文字通り、個別財産について、相続する数量、金額、割合等を定めて物理的に分割する方法です。例えば、相続財産である1筆の土地を相続する割合に応じて、分割(分筆といいます)して2筆の土地にしてから、各相続人がそれぞれ土地を取得する手法です。狭い土地や建物の現物分割はあまり現実的ではないかもしれません。

(2)換価分割
共同相続人が相続によって取得した財産の全部または一部を売却して、その売却代金を分割する方法です。但し、居住中の家屋や田畑など売却が難しい場合には、この手法が取りづらい場合もあります。

(3)代償分割
共同相続人のうち、特定の者が被相続人の遺産を取得し、その代償として他の相続人に対し、その相続持分に見合う金銭等を支払うこと。但し、遺産を取得する相続人が他の相続人に支払う代償財産を用意しなければなりません。

(4)共有
相続不動産等を相続人が共有名義で相続する方法です。一般的に手続きが明解であるため、この手続きを選択されるケースも多いです。但し、将来的な売却、建て替え、増改築等をする際に、共有者全員での話し合いが必要になります。また、順次相続を行なわれ、結果共有者があまり付き合いのない親戚同士になってしまったりしますとこの話し合いも困難になってしまう傾向がありますので、その点などもよく検討する必要があります。